妊娠中は通常時の3倍の鉄分が必要

妊娠中は意識して摂取する栄養素は多いものです。
中でも絶対!とよく言われるのが、鉄分、葉酸、カルシウムです。

昔ほど「2人分の栄養を摂らなきゃだめ!」とは言われなくなり、体重管理も厳しく言われるようになりました。
摂った方が良い食べ物、避けた方が良い食べ物もはっきりわかるようになってきて、年々わかりやすくなるなあ、とは思うのですが…。

鉄分や葉酸、カルシウムって、食事から摂ろうとしてもこれが意外と難しい。

葉酸やカルシウムは妊婦向けのサプリも多いのでもう最初からサプリで…という方も多いと思います。
そして残る鉄分。
産院でもできるだけ食事から摂るように指導されるものの、鉄分が含まれる食べ物を毎日食べよう!と実際にやってみると、とても難しいことに感じられました。

食事だけで必要な鉄分を摂るのはなかなか難しい

というのも、鉄分が多く含まれる食べ物はけっこう少ないからです。

  • ほうれん草
  • レバー
  • 納豆や豆乳
  • プルーン

毎日食べるにはクセが強すぎるというか…。
好き嫌いがはっきり分かれている食べ物が多く、とても好きなら毎日食べたいけれど、そうでないなら毎日食べるのはちょっと…と感じるものが多いと思うのです。

さらに、鉄分は吸収率を高めることも大切。
受け皿をしっかりしておかないとそのまま出ていってしまうので、とりあえず鉄分さえなんとかすれば良いというわけでもありません。

結局、いろいろ試してみようとしたけれど食事だけで鉄分をしっかり摂るベストな方法は見つからないまま、出産を迎えてしまいました。

できるだけ食事で摂りつつ、サジーで補うのが便利でした

ただ、食事での解決方法は見つからなかったものの、妊娠中に貧血など悩まされることはありませんでした。
結果的に食事でも多少は補えていたのと、サジーという果物の裏ごしを毎日飲んでいたのも大きいのかなあと思います。

サジーは妊娠中に何かと便利

サジーというものには、

  • プルーンの30倍以上の鉄分が含まれていて
  • 鉄分の吸収を助けるリンゴ酸も一緒に摂ることができて
  • 鉄分の受け皿になるビタミンCももちろん含まれていて
  • その他葉酸も含む200種類以上の栄養素が摂れる

という特徴があり、妊娠前から便秘や生理前の不調への対策として飲んでいたのをそのまま継続していたのです。
(もちろん、ただの果物なので妊娠中でも問題なく飲めます)

同じ鉄分補給をするのでも、できるだけ自然な形でできたら良いなあと思っていたのでちょうど良く。
妊娠中に悩まされることが多い、便秘や冷えへのサポートにも満足度が高かったので、続けてみてとても良かったと感じています。

もちろん、食事でできるだけ補給できるのに越したことはありませんが…。
「毎日」はどうしても難しいので、こういうものでうまくサポートしてもらいながら過ごすのも良いんじゃないかなあ、と結果的に感じています。

*